スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TamaZume」

タマズメ

ある高校の同窓会の方から依頼を受け、フォークグループ「TamaZume」さんをご紹介させて頂きました。懇親会では300人を超える参加者で、大変賑やかでした。ずっと拝見させていただきましたが、同窓って何かいいですね。私の出身高校も同窓会というものがあるのだと思うのですが、実は出席したことがありません。きっと若い頃あちこち放浪していましたので、住所不明となっているのかもしれません。
さて「TamaZume」さん、グループ名は小玉のタマTamaと橋爪のZumeから、TamaZumeとしたそうです。結成当時、某外資系生命保険会社の同僚であった2人が1995年に結成。当初金沢(石川県)の東別院通りにあった喫茶店「半円径」にて定期ライブを行っていました。そして2008 年6月より、金沢片町のライブハウス『G☆stage』にて行われている定期ライブ『親父たちのアコーステックナイト』のレギュラーとして出演。その歌唱力とハーモニーには定評があり、地元金沢を歌った「金沢」をはじめ、数々のオリジナル曲や懐かしいカバー曲も豊富で、現在は親父パワー全開で活動中です。
私も中学生の頃、文化祭でギターの弾き語りでフォークソングを歌ったことがあります。今では指が痛いしコードもあまり覚えていません。でも1年に1度位は押入れから引っ張り出して、布施明や因幡晃、かぐや姫、井上陽水などをちょこっと歌います。フォークソングはマイナーコードが多いのですが、決して暗い性格なわけではありません。あしからず。
今回の演奏、懐かしき青春時代を思い出させてくれたひとときでした。ありがとうございました。

因幡晃「わかって下さい」YouTube
布施明「シクラメンのかほり」YouTube
かぐや姫「神田川」YouTube
井上陽水「少年時代」YouTube

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。