四十谷諒フルートリサイタル 2015.5.2

270502四十谷諒フルートリサイタル-1
四十谷諒フルートリサイタルが、富山市民プラザアンサンブルホールにて行われました。四十谷氏のダイナミックかつ、深みのある柔らかさを兼ねそなえた音色に魅了されました。フォーレのファンタジーなど有名な曲から、フランクのフルートソナタという、意欲的な作品にも挑戦していました。さらにピアノの稲生亜沙子氏の演奏も素晴らしい。フルートとピアノの音色やハーモニーが上手く調和した、心地良い響きが客席に伝わってきました。四十谷氏は、これからも毎年1回リサイタルを継続しくとのことです。20代の優秀な若いフルーティストの誕生です。これからの活動にも注目していきたい。

《四十谷諒フルートリサイタル》
2015.5.2 Sat. 富山市民プラザ・アンサンブルホール

■演奏曲目
ファンタジー 作品79  G.フォーレ
バラード  A.ペルリー
演奏会用ソナタ  J.M.ダマース
無伴奏フルートのための小品  J.イベール
フルートソナタ  C.フランク

フルート 四十谷 諒
富山市出身。8歳よりフルートを始める。呉羽高等学校普通科音楽コース、北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コースを経て、東京藝術大学別科器楽専修を修了。これまでに、阿部博光、越戸康恵、木埜下大祐、細川順三、高木綾子、木ノ脇道元の各氏に師事。工藤重典氏、P.L.グラーフ、M.ラリューのマスタークラスを受講。第17回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。北海道教育大学在学中3年次に、第146回日演連推薦新人演奏会において、札幌交響楽団(高関健指揮)とC.ニールセンのフルート協奏曲を協演し、好評を得る。室内楽コンサートシリーズ・クラシックの雫2011.2013、音符のおしゃべり、札幌コンサートホールkitaraあ・ら・かるとミニコンサート、その他県内外多数の演奏会に出演。富岩運河環水公園、富山県民会館ロビー、富山県立中央病院ロビー、北陸銀行五福支店など、県内各所にてミニコンサートを行う。クラシカルギタリストである、父とのデュオも好評であり、現在は富山市を中心に県内外問わず、室内楽やソロの演奏活動を行う傍ら、後進の指導及び吹奏楽指導にもあたっている。あいたにフルート教室、高岡フルートクラブ主宰。ウィンズラボ、ドレミ音楽教室、富山カルチャーセンターにて講師を務める。

ピアノ 稲生 亜沙子
滑川市出身。桐朋学園子供のための音楽教室、富山県立呉羽高等学校音楽コース、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を経て渡仏。パリ国立地方音楽院最高課程ピアノ科、同音楽院伴奏科ディプロム取得し卒業。ヴェルサイユ国立地方音楽院を首席で卒業。パリの音楽院の伴奏員を勤めながら、ソロにおいても、パリ、ニース、ウイーンにて、ショパン記念コンサート、国際音楽祭など多数出演。第20回富山県青少年音楽コンクール優秀賞受賞。第57回全日本学生音楽コンクール大阪大会「高校の部」第1位。第32回全国町田ピアノコンクール第3位、併せてヤマハ賞受賞。第25回富山県新人演奏会 北日本新聞音楽奨励賞、併せて県知事賞受賞。第15回ブレスト国際音楽コンクール第4位。現在はピアノソロ、伴奏、室内楽や、姉妹二台ピアノデュオ「Les Muses」を結成しリサイタルわ行うなど、幅広く演奏活動をしながら後進の指導にあたる。ピアノを林美禰子、岡野宏映、大坪亮子、川島伸達、オリビエ・ガルドン、パスカル・アモイエル、フランソワ・シャプラン、伴奏法をクロウド・コレの各氏に師事。

270502四十谷諒フルートリサイタル-2
270502四十谷諒フルートリサイタル-3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウィンズラボ 谷口

Author:ウィンズラボ 谷口
石川県出身。陸上自衛隊でトロンボーンを吹く。退職後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をするが、その後楽器修理の専門学校へ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在のウィンズラボを立ち上げる。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR