となみ野バンドフェスティバル2011

全体
先日の2月13日、砺波市文化会館にて「となみ野バンドフェスティバル2011」が開催され、砺波地区で活動する社会人バンド8団体が共演しました。オープニングは、となみのブラスアンサンブルと砺波地区社会人バンド金管メンバーによる「ロンドン市長のためのファンファーレ」を演奏。続いて砺波市社会人バンド各団体が演奏を披露。第2部は、大谷小学校、出町小学校、福野小学校の3校の合同バンドと、リバティウィンズふくのが「さくらんぼ」など2曲を、社会人合同バンドが「ラデツキー行進曲」など3曲を演奏しました。
この「となみ野バンドフェスティバル2011」は、個性豊かなバンドの共演を通して吹奏楽の楽しさを伝えようと、林紀孝幹事を中心に「砺波地区社会人バンドネットワーク」が今年初めて企画したものです。
当日、当店ウィンズラボとミヤコ楽器店、さらに株式会社ノナカ、ビュッフェ・クランポン株式会社、ヤマハ株式会社、ナイスインターナショナルの国内メーカー4社の協力により、楽器展示も行われ、多くの方が日頃見れない楽器を試奏したりしていました。
またロビーコンサートや楽器体験コーナーもあり、盛りだくさんのバンドフェスティバルでした。雪の降る中、演奏者も観客もなかなか大変な1日だったと思いますが、大盛況のうちに幕を閉じました。
金管 フラン ステージ 体験
上の写真、左端はオープニング、中央はフルートアンサンブル「franc franc」、右端は楽器体験コーナーの様子 (クリックすると拡大します)

フランフラン リバティー 小矢部市吹
城端 なんと 砺波伸縮
各団体の紹介 (クリックすると拡大します)

ブース
展示ブースの様子 (クリックすると拡大します)

↑ よろしければクリックしてくださいね

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウィンズラボ 谷口

Author:ウィンズラボ 谷口
石川県出身。陸上自衛隊でトロンボーンを吹く。退職後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をするが、その後楽器修理の専門学校へ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在のウィンズラボを立ち上げる。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR