スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新品だからといって・・・



新品のフルート。お客様が購入することになり、新品だからそのまま「はいどうぞ」なんてお店だったら、購入は考え直してください。メーカーから送られてきても、全て完全な状態できているとは限りません。これは、フルートだけでなく全ての楽器に言えること。特に木管楽器は注意が必要です。フルートなどの精密な楽器はバランスも崩れやすいです。調整の頻度が多いフルートは、通販で購入することはなるべく避けた方が良いと思います。

写真のライトと黒いペラペラのフィルムが見えますか。これでパッドの息漏れをチェックします。クリーニングペーパーで行なう方もいますが、なお微妙なチェックを行なう際は、薄いフィルムを使います。調整はネジによるもの。または分解してパッドを外して行うものなどあります。またメーカーによっても調整方法が異なります。

コメント

リペア
フルートの構造や調整の理論だけ理解していても、実際に調整しなければならなくなった場合、ピッタリと調整出来る方はいったいどれだけいらっしゃるでしょうかね?

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。