ハンスホイヤ-K10・クランポンSenzo

251210ビュッフェ-6

ビュッフェ・グループ・ジャパンの新製品発表会に行ってきました。今回はハンスホイヤーホルンの「K10」とビュッフェクランポンのアルトサックス「Senzo」です。ハンスホイヤーは、昨年までヤマハが輸入元でしたが、フランスに本社のあるビュッフェ・グループがB&Sを買収したことにより、B&S、ハンスホイヤーの製品も扱うことになりました。このB&Sは、ユーフォニアムやテューバなどの高級低音金管楽器群において世界一のメーカーであり、またフレンチホルンにおいても世界最大級の生産を誇ります。

この新製品のプレゼンテーションにあたって、ホルンは新日本フィルハーモニー交響楽団首席ホルン奏者の井手詩朗氏、サックスはアルモ・サクソフォーン・カルテット、マジカルサウンズのメンバーであり日本大学芸術学部などで教鞭をとる中村均一氏の2人が、デモンストレーション演奏をして下さいました。楽器の良さもさる事ながら、何と言っても間近でお2人の演奏が聴けるという光栄な機会でした。

さて、まずハンスホイヤーの「K10」ですが、アレキサンダー103を意識した巻きでクルスペ巻きからK10としているようです。「G10」というガイヤー巻きもありますが、「K10」は遠達性のある明るい響きのする楽器です。随所にアイデアとこだわりが盛り込まれたプロフェッショナルユースの楽器と言えるでしょう。

251210ビュッフェ-7
■ハンスホイヤー ホルン K10
・調子 F/B♭
・ボア内径 11.9mm
・ベル直径 310mm
・ロータリー・アクション 3Bリンケージシステム
・デタッチャブルベル
・フルフロースイッチヴァルヴ
・着脱式マウスピースレシーヴァー
・可動式フィンガーフック
・可動式フリッパー
・イエローブラス(MAL)、ゴールドブラス(GAL)
・ラッカー仕上げ

《価格》
K10MAL イエローブラス 1,260,000円
K10GAL ゴールドブラス 1,365,000円


251210ビュッフェ-3

それから、アルトサックス「Senzo」。その名は、日本語の先祖をその名に由来するようです。この新しいサックスは、今やサックス界の伝説とも言える「スーパーダイナクション」「S1」シリーズの魂が受け継がれており、あのプレステージュの後継機種、いや進化版と言って良いのではないでしょうか。音程が格段に良くなっているし、何と言ってもピンクゴールドにも見える、深いコパーの管体が眩しいです。ただ今のところ生産本数が限られているようです。当店もオーダーを入れていますが、いつ入荷するかわからない状態です。

251210ビュッフェ-2
■ビュッフェ・クランポン アルトサクソフォーン Senzo
・管体 銅、銅メッキ、手工仕上げ、クリアラッカー塗装
・キイ 真鍮、冷間鍛造、手工仕上げ、クリアラッカー塗装
・ブラックインレイ(マザー・オブ・パール)
・精密特殊加工スティール針ばね及び板ばね
・高さ調節可能左手スプーンキイ(D、E♭、F)
・低音C♯、B、B♭の移行が円滑な左手小指スパテュラテーブル
・高音E-Fキイ、アームコネクター
・調整可能指かけ

《価格》
BC2525-7B-0 Senzo 714,000円

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウィンズラボ 谷口

Author:ウィンズラボ 谷口
石川県出身。陸上自衛隊でトロンボーンを吹く。退職後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をするが、その後楽器修理の専門学校へ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在のウィンズラボを立ち上げる。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR