管楽器専門店ウィンズラボの社長ブログ

富山県の管楽器専門店です。お得な中古情報やイベントなどを発信していきます!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPモルディブ ≫ モルディブ 6月29日

モルディブ 6月29日

7-29WS16
【6/29(Sat)・スケジュール】
08:30 JICAモルディブ支所・ワークショップ準備
09:00 Hiriya School到着・ワークショップ準備及び楽器修理
14:00 ワークショップ開催 (2日目)
17:00 Closing Ceremony 終了式
19:30 モルディブ派遣隊員との懇親会
22:30 ホテル着
6月29日はマレでのワークショップ2日目です。2日目は、JICA隊員の福井さんと豊田さんがメンテナンス講習をしました。自作のテキストを作成して、受講者に日頃の手入れの仕方を講習と実習を行い、日頃の手入れと楽器を丁寧に扱うことの大切さを指導されました。
私は朝から楽器の修理を行ない、午前中は指導者の方々に、自由参加で修理している様子を見学していただきました。質問も多く、高度な技術を必要とする修理方法については、説明のみ。比較的簡単なものについては、修理をしながら説明をしていきました。モルディブでは英語も通じるのですが、通訳を隊員らと現地のユムナさんとミミさんにも手伝ってもらって、何とか説明していくことができました。
7-29Hiriya School 修理3
(修理中の様子1)

7-29Hiriya School 修理2
(修理中の様子2)

ワークショップ後半は、各学校の演奏を披露しあいました。日本のようにコンクールもなく、またコンサートの機会もほとんど無い国なので、今回のワークショップでは参加者にとって本当に有意義なものになったのではないでしょうか。最後には福井さんと豊田さん、そして開催校であるHiriya Schoolの先生との演奏も披露されました。
7-29WS20
7-29WS19
7-29WS18
(交流演奏会の様子)

7-29WS17
(左からHORN豊田さん、中央EUPHのYauqubさん、右SAX福井さん)

モルディブのバンド数ですが、首都マレで約15校、その他のいろいろな島に15校程あるようです。合計人数は600名程ではないでしょう。卒業生(経験者)はたくさんいますが、一般バンドはありません。軍にも1つバンドがあり、50名以上いるようです。打楽器は、ティンパニやチャイム、シロフォン、マリンバ、ビブラフォンなどはなく、マーチング形式のバンドがほとんどです。もしかしたら、この子供達の中にも優れた才能の持ち主がいるかもしれませんが、世界的なプロの音楽家が出てくることは難しいかもしれません。
今回は管楽器の修理のみ。でもピアノはどうなっているのか・・。聞いてみたところ、首都の学校にピアノは2台あるそうです。ただ調律師がいないので、放ったらかし状態で、音程すらとれないピアノになっているそうです。物的な供与はあっても技術がないのでは、あまり意味が無い。何とかできないものだろうか・・・。
250629-1 250629-2
250629-3 250629-4
(修了式)

250629-7
(左から、スリランカJICA隊員山本さん、スリランカ教育省からの方、私、豊田さん、福井さん)

今日はモルディブ最後の夜。明日の夜、いよいよ日本に帰ります。ワークショップ終了後、片付けをしてから首都の中華レストランで、モルディブに派遣されているJICA隊員との懇親会を開いて下さいました。滞在中の食事が、ほとんどサンドイッチやパン、ピザなどのデリバリーだったので、この夜の食事は最高に美味しかった。
250629-10
250629-11
(モルディブ最後の夜・JICA隊員との懇親会)
モルディブ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする