ヨーロッパ研修旅行-3

ヨーロッパ3-1
フランスからドイツへ飛び、世界最大規模の楽器展示市「フランクフルト・ミュージック・メッセ」へ。このミュージック・メッセは、ドイツ、フランクフルトで毎年行われ、世界中の楽器メーカーが出展している商談の場でもあります。世界中の楽器商らが、この時期フランクフルトに集まってきます。東京ドームの5~6倍はありそうな巨大な会場に、世界各国から2000社以上もの楽器メーカーが出展します。広すぎて1日じっくりとまわれません。

ヨーロッパ3-3
イタリアのアレーナ・ディ・ヴェローナのトランペット奏者、マッシモロンギ氏(Massimo Longhi)とマウスピースのFRATE PRECISIONのブースで一緒に。このメーカーのマウスピース、とてもなかなか良さそう・・・。

ヨーロッパ3-2
日本でもポピュラーになっているマウスピース、JKのブースです。無数のマウスピースが展示されておりました。持ってくるのも一苦労ですね。日本ではホルンのマウスピースがよく売れています。

ヨーロッパ3-5
日本のメーカー、ベストブラス社の社長、濱永康太氏です。ベストブラスのマウスピースは、日本のみならず全世界のプレーヤーに注目されております。マウスピースだけでなく、イーブラスの開発販売元もベストブラスです。今年の3月には、e-Brass Ⅲ (イーブラスⅢ)が発売開始となりました。

ヨーロッパ4-4
マリンバワンのブースです。そこで富山県出身の打楽器奏者の境祥子さんに会いました。(写真向かって左端)現在はポーランドで国立カロル・リピンスキ音楽大学講師、そしてヴロツワフ交響楽団の打楽器奏者として活躍されております。マリンバワンの音が聞きたくて、急遽演奏をお願いしたところ、快く素晴らしい演奏を披露してくださいました。マリンバワンのマリンバを購入の際は、是非当店にご相談下さいませ~♪

ヨーロッパ4-5
コーンセルマー社のブースです。バック、コーン、セルマー、ラディックなど、たくさんの楽器が展示されておりました。他にも沢山の日本の企業が出店しておりました。ミヤザワフルート、ヤマハ、カワイ、パール、スズキ、サイトー、マックコーポレーション、ヨーゼフなど。

ヨーロッパ3-4
フランクフルトの鉄道です。駅員さんはいません。でも乗車券は買わなければなりません。でも買わずにそのまま乗っている方いるようです。乗車券は、たまに見回りに来てチェックするそうです。チケットを持ってないと、高いお金を徴収されます。

ドイツビヤ
ドイツと言えばやはりビール!ホテル近くの駅から約20分程行ったビアホールで、本場のビール堪能しました。ドイツ各地にはそれぞれ自慢の地ビールがあり、現在、ドイツ全土に醸造所1300軒以上、5000種を上回る銘柄があるそうです。歴史が長い分、それだけ質の高いビールが造られています。

ヨーロッパ4-2
ビールの種類はたくさんあるけど、基本的にその土地で造られたビールを飲むことになっていて、他の土地のビールはなかなか飲むことができません。ドイツ人は地元のビールを、何十年と飲み続けるのが当たり前だと思っています。

さて、今回の旅行はフランスに4泊5日、ドイツ、フランクフルトに1泊2日の約1週間の旅でした。まだまだたくさんの写真やご紹介したいことなどありますが、このくらいで・・・(^^♪

多少慌ただしかったけれども、とても充実した1週間でした。帰りは21時頃ドイツを発ち、成田には翌日、日本時間の15時過ぎに到着しました。ご飯の時だけ起きて、後はほとんど飛行機で眠っていました。今回は全日空で、エコノミーとビジネスの中間位のプレミアムエコノミーにしてもらい、空の旅もなかなか快適に過ごすことができました。出きれば又行きたいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウィンズラボ 谷口

Author:ウィンズラボ 谷口
石川県出身。陸上自衛隊でトロンボーンを吹く。退職後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をするが、その後楽器修理の専門学校へ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在のウィンズラボを立ち上げる。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR