ハンスホイヤーG10


お客様のご注文品ですが、ハンスホイヤーホルンG10が入荷しましたので、ご紹介させていただきます。
このモデルは比較的新しいモデルで、今とても注目されている楽器です。ハンスホイヤーのカタログでは、まろやかで伸びのある音色、そしてオーケストラにおいて充分な存在感を保つ豊かな音色が魅力的ですとなっております。
お客様が吹いた音を聞いたり、吹奏感をうかがったところ、音はスーっと出る感じです。下から上までストレスがなく、音がまとまっています。
パッと見はスッキリしていますが、巻きがとても大きく、かなり存在感があります。ちなみに通常のガイヤー巻きのハードケースには、大きくて入りませんでした。加工しても難しいそう。
マウスパイプは長めで、シャンク部分は通常ニッケル部分が数cmから10cm程度ありますが、このモデルは1cm程です。吹奏感の良さはここにあるのかな?とにかくいいホルンですね。

ハンスホイヤーホルン G10MAL
標準価格 693,000円(税込)
F/B♭フルダブル
ボールジョイント
Mベル
イエローブラス
ベルカット
ラッカー仕上げ

コメントの投稿

非公開コメント

No Title

銘柄や型番を指定しての新規購入事案は、ホルンでは久しぶり?(笑)もしかして某プロオケ女流首席奏者さんの選定品かな?

以下は、以前東京で試奏した際の自分のコメントです。ご参考までに。

「この楽器は侮れない。ガイヤーの長所を比較的低価格で実現したという感じかな?自分はいつも低音から吹き始めるのだが、とても気持ちよい響き。楽器全体が振動しているのがわかる。このタイプの巻きが合うという方には広く受け入れられる楽器だろう。 」
「例えば、ルイス・デュルクには手が届かないが、同じ傾向の楽器が欲しい、というような方に。ちなみにこの楽器は巻きが大きく、よくある別売ケースには入らないそう。G10の欠点はこれくらいだったりして?好印象だ。」

また、巻きが大きいことから、響きの輪郭や中心をどこに置くかについては、研究が必要かもしれません。まあ慣れの問題でしょうけれど。
プロフィール

ウィンズラボ 谷口

Author:ウィンズラボ 谷口
石川県出身。陸上自衛隊でトロンボーンを吹く。退職後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をするが、その後楽器修理の専門学校へ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在のウィンズラボを立ち上げる。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR