トロンボーン奏者 荻野 昇さん

荻野先生

昨日、東京交響楽団の首席トロンボーン奏者の荻野昇さんがご来店下さいました。ちょうどPボーンが入荷しており、試奏していたところをパチリ。先生もお持ちだそうです。しばらくコーヒーを飲みながらお話しさせていただきましたが、とても気さくで優しい方でした。その後、すごい雪の中、車で埼玉まで帰っていかれました。かなり心配しておりましたが、夕方には無事に着いたそうです。

《萩野 昇 氏プロフィール》
武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会に出演。 '81年高橋達也と東京ユニオンジャズオーケストラに入団。 '83年群馬交響楽団に入団、第1トロンボーン奏者を務める。 '90年より東京交響楽団の首席トロンボーン奏者となる。
東京交響楽団第454回定期演奏会において 武満徹の「ジェモー」(オーボエ、トロンボーン、2つのオーケストラ、2人の指揮者のための)を邦人初演し好評を博す。東京交響楽団のトッププレイヤーで結成されている「ザ・トウキョウシンフォニー・ブラス・クインテット」のメンバーでもあり、'93年には、ベルギーので行われた“ジャパンフェスティバル'93”に出演し、絶賛された。また、ジャズ・オーケストラ「篠崎秀樹とスウィート・ファンタジア・オーケストラ」のメンバーでもあり、既に2枚のCDに参加している。 '85年より、8回のリサイタルを東京(東京文化会館 等)にて行っており、幅広いジャンルの音楽に積極的に取り組む活動は各方面から注目されている。 '98年にベルウッドレーベルより初のソロCD「カクテル・トロンボーン」をリリース。 東海大学講師。

萩野 昇 氏オフィシャルホームページ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウィンズラボ 谷口

Author:ウィンズラボ 谷口
石川県出身。陸上自衛隊でトロンボーンを吹く。退職後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をするが、その後楽器修理の専門学校へ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在のウィンズラボを立ち上げる。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR