ホルン試奏会!?

エルクホルン
昨日エルク輸入元、有限会社トレンドの細谷氏が久しぶりに来店。当店の在庫ホルン(別メーカー)も出して、急遽2時間程のホルン試奏会となりました。

エルクホルン。そんなメーカーあるの?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、実はいまプロホルン奏者の間では結構注目されている楽器なのです。数年前にエルクを拝見した時は、音は抜群に良かったのです。ただその時私は、技術者の観点からロータリーアクションや抜差管の組立精度に、二重丸を出せなかったのです。でも今回拝見したエルクホルンは、かなりの進歩があります。そして当初無かったフィックス(ワンピースベル)も新たにラインナップになりました。

ベルカットとフィックスのどちらがいいの?吹く人によっても違うと思いますが、個人的にはフィックスですね。ベルをカットしていない方が響きが豊かな気がします。ケースに収めた時の見た目は、ベルカットの方が断然スマートですが・・・。

本当は内緒の話しですが、エルクの工場では、かなり有名なホルンメーカーがパーツをOEM生産しているようなのです。確実な情報ではないので、現時点でメーカー名は申し上げられませんが、きっとメーカー名を聞かれるとビックリします。それだけこの工場の信頼度が大きい証ともいえます。
現段階でもすばらしい楽器に仕上がっていますが、これからももっともっと進歩し続けるような気がします。
試奏したい方は、是非マウスピースを持ってお気軽にご来店ください。
ホルン試奏

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔しました。

何しろ、ELKだけで5本も吹き比べたのは久しぶり。まず富山県内ではあり得ないことですね。東京N楽器でならすでに3回はありますが。それ以来でした。
フィックス・ベル、良かったと思います。ウォーター・キーがないのも音には好影響を与えているでしょう。
今後またよろしくお願いします。
プロフィール

ウィンズラボ 谷口

Author:ウィンズラボ 谷口
石川県出身。陸上自衛隊でトロンボーンを吹く。退職後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をするが、その後楽器修理の専門学校へ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在のウィンズラボを立ち上げる。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR