ホール練習 ・・ 「ばらの騎士」



全日本吹奏楽コンクール全国大会へ出場する高岡商業高校さんのホール練習におじゃましてきました。北陸大会から更に磨きがかかって、来週の大会がとても楽しみです。全国大会は、11月1日名古屋国際会議場ホールにて行われます。
高岡商業高校さんが自由曲として演奏するリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」は、1911年にドイツ、ドレスデンの宮廷歌劇場にて初演された約100年前のオペラです。オペラの内容は、長くなりますので皆さん調べてみてください。
このオペラ、台本はホーフマンスタールでシュトラウスが曲をつけたものです。実際のオペラは3時間を越える大作。あまりにも長いので、オペラにおいても度々カットされたダイジェスト版で上演される事が多かったようです。
このオペラで演奏される曲を集めた組曲があります。20分以上あり聴き応えも十分です。3時間は長いけど、オペラの舞台を想像しながら音楽を聴けば、あっという間にこの曲が理解できるかも。
高岡商業高校の皆さん。全国の舞台では今まで練習したことを最大限に表現し、感動的な演奏を聴かせてくださいね。私も客席から応援しております。


「ばらの騎士 組曲」
 演奏/ウィーンラジオシティオーケストラ


「ばらの騎士」第2幕より 銀のばらの贈呈シーン
第2幕でオクタヴィアンがゾフィーに婚約のしるしであるペルシャ産の香油をたらした銀の薔薇の造花を渡す場面の音楽である。ハープやチェレスタに彩られて弱音器つきの弦楽器が木管が奏でる優美で、繊細な色彩感をもった音楽に乗って婚約申込みの口上が述べられる。そのあとには打ち解けた二人の二重唱が続くが、結婚の喜びを歌い上げるゾフィーと、彼女に惹かれて恋心を抱き始めたオクタヴィアンがそれぞれ歌う音楽には微妙なずれがある。(説明/Wikipediaより)
 演奏/ウィーン·フィルハーモニー管弦楽団
 指揮/カラヤン 1962年上演


「ばらの騎士」第3幕より 三重唱のシーン
『ばらの騎士の三重唱』として知られる名場面。それぞれが自分の想いを独白で歌う三重唱である。オクタヴィアンは一目惚れしたゾフィーに夢中だが、先日まで愛し合っていた元帥夫人にも未練があり、ひどく混乱している。ゾフィーはオックスに裏切られ、自分を救ってくれると信じたオクタヴィアンが各上の元帥夫人と愛人関係にあることを知って傷ついている。オクタヴィアンをつなぎとめることも出来たはずの元帥夫人であるが、潔く若い二人を祝福し、身を引く決意をする。(説明/Wikipediaより)
 演奏/ウィーン·フィルハーモニー管弦楽団
 指揮/カラヤン 1962年上演
プロフィール

ウィンズラボ 谷口

Author:ウィンズラボ 谷口
石川県出身。陸上自衛隊でトロンボーンを吹く。退職後ホテルマン、ガードマンなどの仕事をするが、その後楽器修理の専門学校へ。グローバル、ミヤザワフルートにおいても研修。東京のヤマハ特約店に勤務後、平成元年富山県の管楽器専門店に就職する。平成6年に退職し独立、現在のウィンズラボを立ち上げる。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR