管楽器専門店ウィンズラボの社長ブログ

富山県の管楽器専門店です。お得な中古情報やイベントなどを発信していきます!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 東日本大震災
CATEGORY ≫ 東日本大震災
      

被災地へ楽器を発送

楽器発送

先日、お預かりしていた楽器を修理調整して、先日東北へお送りしました。チューバなど数台の楽器をご提供いただいた富山市の野崎様、ハーモニーディレクターのご提供をいただいた高岡市の本江様、本当にありがとうございました。先方からも無事楽器が到着したとの連絡をいただきました。心からお礼を申し上げます。

宮城県では情報が入ってきたので、動くことができましたが、たぶん他の地域でも被害にあった学校さんがあるはず。福島県においても大変困っている学校さんがあることをバンド指導者「緒形まゆみ」さんのブログで知りました。緒形さん自身、震災後すでに福島県に足を運んでいらっしゃいます。近々また福島県へ行かれるとのことです。また何人かのリペアの方も行かれるとお聞きしました。
私もご一緒したかったのですが、仕事の予定が入っており残念ながら行くことができません。そこでここ数ヶ月、被災された吹奏楽部さんにと少しずつためてきた手入用品や譜面台、リードなどを、今日お送りしました。田舎の小さな楽器店ですので、大したこともできません。ほんの少ししかありませんので、全ての生徒さんに行き渡るかどうか・・。
それからもうお一人、小学校を退職されてからバンド指導を全国各地でされている田川伸一郎さんのブログでも、福島県の様子がわかります。田川さんも震災後、福島県内の中学校や高校のご指導に行かれています。

さて私だけでは微々たることしかできません。もしこのブログを見ていただき、少しでも被災された学校のためにご協力いただける方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡下さい。被災地へお贈りするものに関しましては、できるだけたくさんのものをお送りしたいと思っていますので、利益は考えず特別なお値段にさせていただきます。被災された楽器店もありますので、できればその楽器店で購入してもらいたいのですが、楽器店の情報もあまり伝わってきません。とにかく今、修理することもリードを購入するお金もないのです。またそれだけではなく、身体的にも精神的にも大変な負担を抱えています。
うちのお店も正直、楽ではありません。自分の店のことも考えなければなりませんが、でも被災された方のことを考えれば大したことはありません。私も今年中には福島県へ行ってくるつもりです。

【緒形まゆみさんのブログから】
福島県の学校の様子がわかります。ご覧ください。
・福島、相馬、原町、訪問記その1
・福島、相馬、原町、訪問記、その2
・福島、相馬、原町、訪問記、その3
南相馬

【田川伸一郎さんのブログから】
こちらのブログからも福島県の状況がうかがえます。
福島県の中学校・高校バンド

《私への連絡先》
ブログの右上のメールフォームからご連絡いただくか、taniguchi●windslabo.net (●をアットマークに変えて下さい)
東日本大震災 | Comments(0) | Trackbacks(-)

東日本大震災と原発事故

2011年3月11日14時46分18秒、宮城県牡鹿半島の東南東沖130kmの海底を震源とした大地震が発生しました。日本における観測史上最大のマグニチュード9.0を記録し、震源域は岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200km。この地震により、場所によっては波高10m以上、最大遡上高40.5mにも上る大津波が発生し、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害をもたらしました。
あれから半年が経とうとしています。被災された方々は、この半年間たいへん不自由な生活を強いられてきたことでしょう。それを思うと心が痛みます。福島原発についても、まだまだ出口の見えない状況が続いています。福島原発の格納容器形式はマークⅠ型という種類だそうですが、実はこのマークI型は、重大事故に至る可能性が高いそうなのです。これと同じ型の原発が日本には全部で10基あるそうです。
 東北電力 女川原発1号炉
 東京電力 福島第一原発1号炉(廃炉)
 東京電力 福島第一原発2号炉(廃炉)
 東京電力 福島第一原発3号炉(廃炉)
 東京電力 福島第一原発4号炉(廃炉)
 東京電力 福島第一原発5号炉
 日本原電 敦賀原発1号炉
 中部電力 浜岡原発1号炉(廃炉)
 中部電力 浜岡原発2号炉(廃炉)
 中国電力 島根原発1号炉
福島原発は当然廃炉。他の原発もすぐに廃炉とすべきです。何故そんな危険な原子炉を使用しているのか。
9月2日、新内閣発足。はたして野田首相はどれだけの手腕を発揮してくれるでしょうか。
東日本大震災 | Comments(0) | Trackbacks(-)

メッセージ

宮城県へ楽器をお贈りいただいた方からのメッセージをご紹介したいと思います。
これは楽器と一緒に贈られたものですが、被災にあわれた皆様、そして音楽を愛するすべての方にお伝えしたくて掲載させていただきました。
他の方も同じ想いだと思います。たくさんの方々が応援しています!



“がんばろう日本の子どもたち”

「長い間使わないでしまっていた楽器です。
皆さんに使ってもらえることを、亡くなった主人も楽器も喜んでいると思います。
痛みを知り、困難を経験した者でなければ出せない音色が絶対あると思います。
この楽器が皆さんを勇気づけ、さらに皆さんが奏でる音楽が地域の方々に元気を与えられる日が、一日でも早く訪れることをお祈りしています。」

 新潟県 勝見様より



“これから歩むあなたの人生が、たくさんの笑顔で満たされますように”

「このクラリネットの出身は横浜です。
4月19日に横浜を出発し、ヤマト運輸さんによって富山県の「ウィンズラボ」という楽器店へ運ばれました。
そこの店長の谷口さんが、この楽器の調整をし、その後谷口さんがご自身の車で24日に富山を出発、25日に東北高校に運と聞いています。
その後もきっと何人もの手によって運ばれたのでしょう。
そして今、あなたがこの手紙を読んで下さっています。
一度も会ったことのない何人もの人達が、このクラリネットを通して、あなたと私の間に繋がっているかと思うと、何だかとても不思議な気がします。
この何人もの人達によって運ばれたクラリネットが、あなたの心にほんの少しでも喜びを届けてくれたらと思います。
たくさんの人々と音楽を奏で、その喜びを分かち合うお手伝いが出来たらと思います。
そして、これから歩むあなたの人生が、いつも、いつも、たくさんの笑顔で満たされますように 心から願い、祈っています。」

 神奈川県 高橋様より



東日本大震災 | Comments(1) | Trackbacks(-)

宮城県へ

24日朝に富山を出発し、夜19時過ぎ秋田に到着しました。スタッフの田中は実家に、私と川原はビジネスホテルに泊まりました。翌日は朝、秋田を出発し、高速道路で宮城に向かいました。秋田県内の道路は問題ありませんでしたが、宮城に入り仙台に近づくにつれて、道路を補修されたところが多くなりました。補修といっても完全ではありません。
所々車がバウンドして危ないところがたくさんありました。
秋田

高速道路を降りて、インターから約10kmちょっとで東北高校に到着しました。まず担当の遠藤先生とお会いし、いろいろお話しをさせていただきました。仙台はテレビを見る限り、かなり悲惨な状況かと思っていましたが、津波の被害を受けなかったところは、いつもの町といった印象を受けました。でも見た目は普通に見えても、建物の中は柱にヒビが入っていたりしていて、かなり修復の必要なところがあるようです。今回は海の近くには入っておりませんが、先生のお話しによると、津波の被害がなかったところと被害を受けたところは、天と地ほどの差があるとのことです。
高校

ある高校では練習中に津波が近づいてきて、みんな楽器を抱えて急いで屋上に非難したそうです。その高校では1階に練習室があり、持って逃げた楽器以外は、ガレキか楽器かわからないくらいめちゃくちゃになったそうです。ティンパニ、バスドラム、スネアドラムなどが錆びたり泥だらけになり、使い物にならなくなりました。譜面台も海水に浸かり、鉄製のものは錆だらけです。この悲惨な光景を先生や生徒らが、悲痛な思いで見ていたと思うと胸が苦しくなってしまいます。

さて、今回お持ちした楽器は20数台となりました。先生に案内していただき、その楽器を保管している場所に運び込みました。すでにたくさんの楽器が全国から送られてきており、毎日遠藤先生とOBの方々が整理して、リストアップしているそうです。5月から6月には各学校にお渡ししたいとのことでした。
楽器1 楽器2 楽器3

楽器店にも行ってまいりました。以前一緒にヨーロッパ旅行をしたことのあるサンリツ楽器の松浦さんとお会いしました。地震で楽器がたくさん倒れてしまったようです。石巻店では被害が大きく、現在楽器をメーカーへ修理に出しているそうです。またヤマハミュージック仙台にも行ってまいりました。管楽器主任の鈴木さんは私と同じリペアスクール出身で、管楽器の修理も行い、また営業もされている方です。お店が地下にあったせいか、こちらではそれ程大きな被害はなかったようです。
(↓サンリツ楽器のスタッフの皆さんと店内)
サンリツ1 サンリツ3

サンリツ2

この震災では、学校だけでなく楽器店もたいへんな状況です。吹奏楽、音楽は、楽器店の存在もとても大切だと思っています。皆力を合わせて、また宮城県に楽器の音が響き渡るよう頑張っていただきたいと思います。
現在特に譜面台が足りていないようです。皆さん、譜面台1つでもいいですから、送っていただけないでしょうか。私も一度には無理ですが、少しづつでも譜面台などを送っていくつもりでいます。
全日本吹奏楽連盟で義援金を募っています。そのお金は、今回被害にあわれた吹奏楽団体へ贈られ、楽器の購入費用や楽器の修理のために使われるとのことです。是非皆様にも、ご協力をお願いいたします。
《全日本吹奏楽連盟》
東日本大震災による救済・義援金受付口座
■郵便振替
(口座記号番号)00190-4-727795
(口座名)社団法人 全日本吹奏楽連盟
 ※恐れ入りますが手数料はご負担いただきますよう、お願いいたします。


今回は秋田県経由で宮城県に行きました。全行程距離1300kmを超えました。直接高速で仙台へ行けば1000kmちょっとですが、はじめて秋田県の地を踏みました。スタッフの田中は、超田舎ですよ~と言っていましたが、とても素晴らしいところです。夜ご両親に招待され、秋田の名物料理をごちそうになりました。おいしい料理で長距離の運転の疲れがいっぺんに吹っ飛びました。
きりたんぽ

宮城県もとても綺麗なところです。仙台は何度か来たことがありましたが、いつきてもこんなところに住めたらと思ってしまうほど素敵な街です。今度はゆっくり観光できたらと思ってます。
仙台市内 仙台 夕日

富山には真夜中に戻ってきました。長距離でしたが、無事楽器を届けることができて戻ってこれ良かったです。

今回ご寄付いただいた新潟の勝見様、石川県の木上様、京都府の岩崎様、神奈川県の高橋様。ご縁をいただいてこちらで調整をして宮城県へ楽器をお持ちいたしました。この場を借りて心から御礼を申し上げます。
東日本大震災 | Comments(1) | Trackbacks(-)

被災地へ楽器を!「宮城県楽器BANK」

「宮城県楽器BANK」開設のお知らせ

連日テレビで、目を覆いたくなるような光景が放映されています。亡くなった方や行方不明者も、阪神・淡路大震災をはるかに凌ぐ人数です。そして、楽器においても被害は尋常ではありません。大地震、津波によって、かなりの楽器が失われたり破損したり、泥だらけになったりしています。そこで私も何かできないかと考え、倉庫に眠っている楽器をお送りすることにしました。現状では使用できない状態のものもありますので、演奏できるように修理して送りたいと思います。

そこで皆様にもお願いがあります。
もし被災地の方に使っていただいてもいいという楽器がありましたら、宮城県の方にお送りいただけたらと思います。
できるだけ演奏できる状態のものが良いと思います。(修理が必要な楽器だと、かえってご負担をかけてしまうことになりますので)
楽器の状態がわからないという方は、お近くの楽器店でも点検だけなら無料で見てくれるはずです。修理が必要な場合は、直して送っていただいた方が喜ばれると思います。
楽器も修理もとなると、ご提供者の方にも大変ご負担をかけてしまうことになりますので、もし楽器のみご提供していただける方でも構いません。こちらで修理や調整をして、お送りいたします。(修理代は当店で負担させていただきます)
ただ、あまりにも状態が良くない楽器は、お受けできないかもしれません。楽器をこちらに送っていただく前に、必ずメールやお電話などで前もってご相談下さい。画像を送って頂ければ、楽器がどういう状態か、ある程度は把握できます。携帯カメラからでも構いません。(できるだけピントがあったものをお送り下さい)
宮城県へお送りする楽器には、ご提供者のお名前を楽器に付けて、責任を持って宮城県吹奏楽連盟さんへお送りいたします。


メール taniguchi●windslabo.net
 ※●部分をアットマークに変えてご送信下さい。

「宮城県楽器BANK」についての詳細は、宮城県吹奏楽連盟ホームページをご覧下さい。
宮城県吹奏楽連盟
楽器バンク
(クリックすると拡大します)

全日本吹奏楽連盟でも、義援金口座を開設いたしました。
義援金は、被災された団体の楽器・楽譜等の購入など支援活動に充てていただけるよう、東北・東関東吹奏楽連盟に寄託されるそうです。
こちらのご支援もよろしくお願い申し上げます。
こちらの件も、また改めてご紹介させていただきます。
全日本吹奏楽連盟
東日本大震災による救済・義援金受付口座開設のお知らせ
東日本大震災 | Comments(2) | Trackbacks(-)

東北地方太平洋沖地震

何と痛ましいことでしょうか。昨日、午後2時46分頃、東北地方近くの海底でマグニチュード8.8の強い地震が発生、建物や道路が崩れ、死傷者が続出する大きな被害がありました。さらに地震の影響で、高さ10メートルに達する津波が太平洋沿岸から内陸部を襲い、船舶・車・建物が海水に流されています。その他にも他の地域でマグニチュード6を超える地震も何回か続いています。

テレビを見て、自分の目を疑ってしまいました。こんなことがあるなんて・・。富山でも揺れがあり、震度は3ということでした。ここまでひどいことになっているとは思ってもみませんでした。つい先日もニュージーランド地震があったばかりで、今度は国内でこんなひどいことに・・。まだまだ余震が続いております。十分注意をして下さい。

当店スタッフの奥さんの実家が宮城県にあります。地震時ご実家の方は外出中だったようですが、無事だということで連絡がとれたようです。でもライフラインが全て絶たれ、家には戻れないようです。家が崩壊しているかどうかもわからず、昨日は避難所で不安な一夜を過ごされたとのことです。どうかこれ以上被害が広がらないように、そして行方不明の皆さんが無事でありますように、お祈りしております。

東北方面の楽器店の被害情報は伝わってきておりません。東京方面の何社かには電話をしましたが、特に大きな被害はなかったようです。クランポンさんやノナカさんでは、修理の大型機械が倒れたりしたようですが、楽器にはほとんど影響がなかったようです。ただ、配送関係に乱れが生じているようです。何とか早く復旧してくれれば良いのですが・・。
東日本大震災 | Comments(0) | Trackbacks(-)